M-PAD 2018「赤い部屋」

M-PAD 2018「赤い部屋」

「おいしくてあたらしい 料理と演劇のたのしみかた」として晩秋の三重の風物詩ともなっているM-PAD
県内の「おいしい!」お店での自慢のお料理と、全国から選りすぐった俳優たちによる文学・古典作品のリーディング公演をお楽しみ頂きます。料理を味わい、作品を味わい、語り合って噛みしめる。2011年に始まり今年で8年目。

今年はこれまでのM-PADでも名演と呼ばれた作品の再演、また三重県立美術館との企画公演も登場します。
今年もどうぞお召し上がり下さい!

 


開催詳細

  • 日時/2018年11月22日(木)
    • [ LUNCH TIME ]
      12:45に開場、13:00までに会場へお越しください。
      料理+リーディング公演 3,000円
    • [ DINNER TIME ]
      18:45に開場、19:00までに会場へお越しください。
      料理+リーディング公演 3,000円
  • 作品
    • 「赤い部屋」
       作/江戸川乱歩
       演出/山口浩章
       出演/広田ゆうみ・二口大学
  • 上演
    • このしたやみ(京都府)
  • 会場
    • 中津軒(三重県津市中央5-5)
      公演当日の駐車場はございません。近隣の有料駐車場をご利用下さい。
  • 主催
    • 特定非営利活動法人パフォーミングアーツネットワークみえ・三重県文化会館
  • 助成
    • 文化庁

このしたやみ (京都府)

演出 山口浩章、俳優 二口大学・広田ゆうみという枠組みで京都を拠点に活動している《このしたやみ》とは、強い日差しの中、木の下にできる、濃い、しっとりとした影のこと。京都を活動拠点としているが、各地で公演を行い、2009年以降コンスタントに三重に登場。他にも全国各地で公演を行う。2011年に利賀演劇人コンクールで山口が優秀演劇人賞を受賞。また2013年より山口はロシア、サンクトペテルブルク国立舞台芸術アカデミーへ留学。2015–2017とロシア公演。2018年はポーランドツアーも予定されている。「赤い部屋」はM-PAD2011以来の再演。

このしたやみホームページ
http://konoshitayami.sensyuuraku.com/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です