M-PAD 2017「桜の森の満開の下」

M-PAD 2017「桜の森の満開の下」

「おいしくてあたらしい 料理と演劇のたのしみかた」として、2011年から晩秋の三重の催事として始まったM-PAD。
三重県内の「おいしい!」お店で自慢の料理を楽しむ。文学・古典作品を俳優の声や身体を通してご覧いただき楽しむ。見終わってから料理や作品を語り合って楽しむ。お店と全国から選りすぐった俳優たちのコラボレーション。

このM-PADに中津軒は2011年より毎年会場として利用いただいております。2017年は11月17日(金)に、長崎のカンパニー「F’s Company」を迎えて、坂口安吾の短編傑作「桜の森の満開の下」が上演されます。

作品と料理のコラボレーションをぜひお楽しみください。


開催詳細

  • 日時/2017年11月17日(金)
    • [ LUNCH TIME ]
      12:45に開場、13:00までに会場へお越しください。
      料理+リーディング公演 3,000円
    • [ DINNER TIME ]
      18:45に開場、19:00までに会場へお越しください。
      料理+リーディング公演 3,000円
  • 作品
    • 「桜の森の満開の下」
       作/坂口安吾
       演出/福田修志
       出演/篠崎 雅、松本 恵、田中俊亮
  • 上演
    • F’s Company (長崎)
  • 会場
    • 中津軒(三重県津市中央5-5)
      公演当日の駐車場はございません。近隣の有料駐車場をご利用下さい。
  • 主催
    • 特定非営利活動法人パフォーミングアーツネットワークみえ・三重県文化会館
  • 助成
    • 文化庁

F’s Company

F’s Company (長崎)

1997年 代表を務める福田修志を中心に旗揚げ。長崎市を拠点に活動を続け、「今の長崎」を捉え、そこに生きる人々を描き出す作品を作り続ける。2007年 東京国際芸術祭「リージョナル・シアター」に参加。2008年第2回福岡演劇フェスティバルに参加。代表作「マチクイの詩」は、2009年の初演を経て、2014年に三重県文化会館に登場。学校や地域での演劇ワークショップも積極的に行うなど、九州を代表するカンパニーの一つ。M-PADには2015年幸田露伴「太郎坊」で登場。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です